dicencia.jpg

”自然素材”を活かした生活環境創り

自然素材 近年、様々な自然現象(地震、大雨など)や気候変化(季節変化)に触れる中で、多くの人が自然環境・地球環境に対する意識を高めてきているように感じます。”自然との共生”を求めるだけでなく、身近な生活用品(化粧品、石鹸など)や雑貨・小物(バッグ、財布など)に関しても、自然素材(植物成分など)が好まれてきている・・そんな傾向があるのではないでしょうか。

当ブログでは、そんな”自然素材(革、植物成分、石など)”を題材として、様々な自然素材の情報(メリット、デメリット要素、考え方、特徴など)及び自然素材で作られた、おすすめの商品(革製品、服、雑貨、小物)などをご紹介していきたいと思います。 ”自然素材”は万能というわけではありませんからね。それぞれの特性をきちんと理解した上で上手に活用していくことが”自然との共生生活”の第一歩なのですから。

秋冬旬の自然素材

□sponser site

2018年10月31日

ビオメディ「乳酸菌力」の効果とは!?肌バリア機能を育む

hada01.jpg


ビオメディ化粧品は「皮膚常在菌を育む」ことで肌バリア機能UP!



「ビオメディ化粧品」は、単に「美容成分を肌に届ける」だけではなく、まったく新しい視点を持って開発された基礎化粧品となっています。それが・・。

*皮膚常在菌を育む

ということ。

皮膚常在菌環境のバランスを整えることで、「肌バリア機能」を高める・・そんな仕組みを有しているんですね。

この新しい視点が「SNS」にて注目される形で、人気を高めているのが「ビオメディ」なのです。

大体的な資本投下による広告宣伝ではなく、本当の意味での「口コミ」を起点として支持を高めているのが、「ビオメディ化粧品」の特徴と言えそうです。

実際に、口コミ情報を元に、どんな評価が得られているのかはこちらの記事
  • ビオメディ・エッセンスミルクリームの「効果」「口コミ」を評価!
  • をご参照してみていただければと思います。


    皮膚常在菌が「肌バリア」を作る



    皮膚常在菌環境は別名「スキンフローラ」と呼ばれています。「腸内フローラ」という言葉がありますが、それと同じような使い方をされているようです。

    この「スキンフローラを整える」ことが、何故「肌バリア機能をUPすること」に繋がるのかと言うと・・。

    皮膚常在菌環境のバランスが良くなると、善玉菌の作用にて、「皮膚表面化」が弱酸性の環境となります。

    この「弱酸性の環境」というのが、いわゆる「肌バリア」を意味しているのです。

    弱酸性の環境が、肌のトラブルを招く要因のひとつ「悪玉菌」の増加を防ぐとともに、外部からの様々な刺激(紫外線、細菌など)の影響を防いでくれるのです。

    そう。善玉菌が育まれることによって「肌バリア機能」が作られるわけです。

    この仕組みを利用して、「肌のトラブルが生じにくい肌環境」を作ろうとているのが、「ビオメディ化粧品」なのです。

    その原動力となっているのが、ビオメディに含まれる「LG100」という成分。「乳酸菌」から作られた成分で、乳酸菌の力が期待できる成分となっています。

    「LG100」を肌に塗布することで、善玉菌が育まれ、増加。スキンフローラ環境が整うのです。

    とてもナチュラルな仕組みにて、肌トラブルの解消を目指しているんですね。



    posted by poppo at 14:31 | Comment(0) | スキンケア

    2018年10月27日

    注目の「糖鎖栄養素」ってご存知ですか!?健康最前線情報です。

    健康・エイジングの最前線情報として、注目の「糖鎖栄養素」をご存じでしょうか!?

    私もまだまだ、詳細を完璧に理解しているわけではございません(笑)

    「糖鎖とは」「糖鎖栄養素とは」に関して、詳細は私も参考とさせていただいた、こちらの糖鎖栄養素サプリメントとは!?をご参照いただければと思います。

    その上で、簡単に要点をお話出来ればと思います。

    「糖鎖」とは何か!?



    「糖鎖」というのは、細胞同士を結んでいる「情報伝達用の連結器」と表現できるものなんですね。

    「シナプス」とも呼ばれているもので、心身を構成する大切な大切な要素のひとつなんです。

    60兆個と言われるヒトのすべての細胞間を繋いでいるんですからね。細胞同士の情報を キャッチするアンテナの役割を担っているわけで、なんと脳神経やDNAよりも多くの情報量が「糖鎖」に存在していると言われているんです。

    「糖鎖栄養素」とは何か!?



    で・・そんな「糖鎖」を構成している成分が「糖鎖栄養素」とのこと。

    「糖鎖」を形作る「糖鎖栄養素」には、なんと8種類もの成分(栄養素)がある・・・といいますか、「糖鎖」を形作るためには下記8種類の糖鎖栄養素が必要不可欠なのだそうです。


    □食事から十分摂取可能
    ・グルコース:脳のエネルギー源
    ・ガラクトース:免疫系への働き

    □食事から少量摂取可能
    ・マンノース:雑菌・ウィルスへの対応
    ・フコース:免疫系への働き

    □食事から摂取困難
    ・キシロース:雑菌作用・病原体・アレルゲンの結合阻害
    ・N-アセチルグルコサミン:ヒアルロン酸の基
    ・N-アセチルガラクトサンミン:細胞間コミュニケーション
    ・N-アセチルノイラミン酸:免疫系

    それぞれの糖鎖栄養素が関連している役割も記しておきましたが・・。

    ここで一番のポイントとなるのが普段の食事から摂取できる糖鎖は「2種類しかない」ということ。

    残りは、体内で生成しているようなんですが・・糖鎖栄養素不足となっている方が多いようなんです。


    「糖鎖栄養素」不足が「糖鎖」の千切れに!



    問題は「糖鎖栄養素」が不足していると、「糖鎖」が千切れた状態のまま修復がなされなかったり、新たな糖鎖を生成することが困難となってしまうということなんですね。

    この仕組みに着目。

    近年、新たに注目されるようになってきたのが、「糖鎖が千切れた状態(糖鎖栄養素不足)であることが、未病・様々な疾病の根幹的な要因となっているのではないか!?」という考え方なのです。

    逆に言うと

    正しい状態の「糖鎖」を沢山作ることによって、未病・疾病など様々な心身の不具合の予防&改善が期待取れるのではないか・・・そんな可能性を秘めているということ。

    そのための手段として、注目されているのが不足している「8種類の糖鎖栄養素(主に食事から摂取出来ない6種類の糖鎖栄養素)」をサプリメントとして補給・摂取するということなのです。

    そのためにと開発されてきているのが

    糖鎖栄養素サプリメント

    なのです。

    ちょっとわくわくしませんか? 私も注目しています。

    posted by poppo at 17:35 | Comment(0) | サプリメント

    天然成分の効果・役割は年月の経過と共に変化!?

    小学校・中学校で教えている「知識」は時代の流れと共に結構、変わっているものですよね。

    化学的な常識

    も同様に、技術の進歩と共に、常識とれさていたことが、今は非常識となっているものと多々存在しています。

    そういう意味で話題の美容・健康成分などに関しても、固定観念を持つのではなく、常に新しい情報を意識しておくことが大切なのだと感じています。

    今後は、さらに、そんな意識が重要なポイントとなるのでしょうね。

    自然成分・天然成分には、まだまだ明らかとなっていない情報が沢山詰まっているもの。まだ、人が理解できていないことの方が、はるかに多く存在しているのですから。

    中でも、「健康・美容」に関連した要素は、人の心身への影響があるもの。

    常識として固定してしまうことなく、常に新しい視点で情報を得るようにしておきたいものです。

    posted by poppo at 12:59 | Comment(0) | 植物成分

    □sponser site

    ”自然素材(天然無添加)”の肌ケアは「お肌との相性」を大切に。

    自然素材 ”自然素材(天然無添加)”を活用した美容・健康アイテム(化粧品、石鹸、コスメ、サプリメントなど)を選ぶ上で最も重視したいのが「自分の身体(お肌など)との相性」です。基本的に”健康””美容”に関して何かトラブルが発生するときには、身体の自然エネルギー・成分のバランスが崩れることがきっかけ(要因)となるもの。”バランスを整える”ということが、健康・美容の基本となるのです。

    ゆえに、表面に現れてきている症状(肌荒れなど)は同じであっても、人それぞれで”バランスを崩す要因”が異なることも多々あるものなのです。さらに、”要因”が同じであっても、人によって適した「バランスの整え方」が異なることも珍しいことでは無いのです。近年”口コミ情報”が盛んに提供されるようになっており、そんな”口コミ情報”を重視する方も多くなっているようですが、「課題点、問題点などのデメリット情報」以外はあまり気にする必要は無いものと感じています。

    それよりも、大切にしたいのが「自分の身体特性(肌特性など)を知る」こと。このことを理解しない上では、何を試みても効果的な結果を得ることはなかなか難しいものとなってしまいます。”肌特性など”を知ること・・に関して、何も難しく考えることはありません。最も効果的なのは、”自然素材のアイテム(コスメ、石鹸など)”であれば、「自然素材の異なる商品」をいくつかお試ししてみることです。ブランドやメーカーなどを変えてみるだけではあまり意味がありません。使用されている”自然素材の種類”をいろいろとお試ししてみることで、自分に適した”素材”が見つかるもの。その積み重ねの中で、自分自身の”特性(肌特性など)”が見えてくるのです。