2018年10月31日

ビオメディ「乳酸菌力」の効果とは!?肌バリア機能を育む

hada01.jpg


ビオメディ化粧品は「皮膚常在菌を育む」ことで肌バリア機能UP!



「ビオメディ化粧品」は、単に「美容成分を肌に届ける」だけではなく、まったく新しい視点を持って開発された基礎化粧品となっています。それが・・。

*皮膚常在菌を育む

ということ。

皮膚常在菌環境のバランスを整えることで、「肌バリア機能」を高める・・そんな仕組みを有しているんですね。

この新しい視点が「SNS」にて注目される形で、人気を高めているのが「ビオメディ」なのです。

大体的な資本投下による広告宣伝ではなく、本当の意味での「口コミ」を起点として支持を高めているのが、「ビオメディ化粧品」の特徴と言えそうです。

実際に、口コミ情報を元に、どんな評価が得られているのかはこちらの記事
  • ビオメディ・エッセンスミルクリームの「効果」「口コミ」を評価!
  • をご参照してみていただければと思います。


    皮膚常在菌が「肌バリア」を作る



    皮膚常在菌環境は別名「スキンフローラ」と呼ばれています。「腸内フローラ」という言葉がありますが、それと同じような使い方をされているようです。

    この「スキンフローラを整える」ことが、何故「肌バリア機能をUPすること」に繋がるのかと言うと・・。

    皮膚常在菌環境のバランスが良くなると、善玉菌の作用にて、「皮膚表面化」が弱酸性の環境となります。

    この「弱酸性の環境」というのが、いわゆる「肌バリア」を意味しているのです。

    弱酸性の環境が、肌のトラブルを招く要因のひとつ「悪玉菌」の増加を防ぐとともに、外部からの様々な刺激(紫外線、細菌など)の影響を防いでくれるのです。

    そう。善玉菌が育まれることによって「肌バリア機能」が作られるわけです。

    この仕組みを利用して、「肌のトラブルが生じにくい肌環境」を作ろうとているのが、「ビオメディ化粧品」なのです。

    その原動力となっているのが、ビオメディに含まれる「LG100」という成分。「乳酸菌」から作られた成分で、乳酸菌の力が期待できる成分となっています。

    「LG100」を肌に塗布することで、善玉菌が育まれ、増加。スキンフローラ環境が整うのです。

    とてもナチュラルな仕組みにて、肌トラブルの解消を目指しているんですね。



    posted by poppo at 14:31 | Comment(0) | スキンケア
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    □sponser site