2014年08月11日

青森県のあけびづる細工「松野屋のあけびシェル手提かご」

kago01.jpg

天然素材アイテム(バッグなど)からは、自然エネルギーの恩恵を享受できるのが特徴です。”革製バッグ”であれば、土エネルギーが宿っており(すべての革素材に宿っているわけではありませんげとね。)その恩恵を受けることができます。

他には、今日ご紹介する「植物から作られているカゴバッグ」も自然エネルギーを宿している天然素材アイテムとなります。”カゴバッグ”に活用される素材にも、「竹」「樹皮」「蔓(つる)」と種類があり、植物種類によっても、それぞれ風情・風合いに特徴の違いがあるものです。

ただ、共通いるのは”風エネルギー”を宿すアイテムとなるということ。心や身体を元気付けてくれたり(活性化)、気持ちが軽くなる・軽やかな気持ちでいられるようになる・・そんな恩恵を受けることができるのも、風エネルギーを宿す「植物素材のカゴバッグ」ならではの魅力といえそうです。

こちらは、青森県の伝統的な”あけびづる細工”によって創作されている「あけびづるのカゴバッグ」です。素材には地元青森の「ミツバあけび」のつるを使用。夏から秋にかけて採取し、1〜2年の間乾燥させたものを活用しています。素材づくり自体にも、丁寧に時間をかけているんですね。

あけびづる細工はとても丈夫で、耐久性に富んでいるのが特徴。年月を重ねるごとに光沢が出てくる”経年変化の美しさ”が大きな魅力となっています。

青森県のあけびづる細工「松野屋のあけびシェル手提かご」の詳細・購入はこちら

*サイズ:約幅34 奥行16 高さ27 cm
*素材:青森あけび蔓
*創作:日本(青森県)


”カゴバッグ”には、東南アジアで製作されているものも多々あります。それらの商品は、安価でとてもお求め安いのが魅力ではありますが、「植物素材の自然エネルギーの力」を享受したいのであれば、その風土で育った植物を活用することも大切な要素のひとつとなります。

日本で使用するのであれば、日本で育まれた”植物素材”を活用することが、良質な風エネルギーの恩恵を受けることに繋がるからなんですね。
posted by poppo at 09:36 | Comment(0) | 植物成分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

□sponser site