2013年10月03日

ペットたち(犬)にも、特性に沿ったドッグフードを。グレインフリー(穀物不使用)ドッグフード 『カナガン』

dog01.jpg

自然界にて、生活していく上で、ある意味最も重要な”意識””認識”といえる要素のひとつが・・「多様性を認めること」なのではないかと思っています。

*自分と異なる”特性””思考”を有した存在が他に多々いる。

ということを理解しているか、していないかで大きな違いが生まれてくるものと思うのです。この要素は、様々な「視点」に共通したもの。”人”という立場・視点で見たときには、自然界には、多様性のある生命体が多々存在しており、”人”はそんな生命体のごくごく一部の存在である・・ということを認識しているかどうかが大切なポイントとなりますし・・。

日常生活の中での”人間関係(自分の視点)”で見たときには、「自分」という存在に対して、特性が異なる(多様性のある)人々が多数存在しているということを、きちんと認識しているか・・意識しているかによって、人間関係の良し悪しが大きく変わることになるからです。

案外、人間関係における各種トラブルに関して、同じ出来事に遭遇したときでも、「多様性を認めている人」と「多様性を認識できていない人」で、結果が大きく異なる(トラブルに繋がるのか、それとも問題なく済むのか)ことなるのではないでしょうか。


■”違い”をきちんと認識できているかどうか。

相手の”特性”が全はわからなくとも・・相手と自分との”違い要素”は少しでも多く理解しておくことは大切です。この理解が無いと・・自分は良かれと思ってしている行動が、相手にとって「良くないこと」「不快な出来事」に繋がることが度々生じるからです。

これは、人間同士の関係に限った話ではありません。

例えば、近年家族として共に暮らすことが多くなっている”ペットたち”。飼い主(人)とペット(犬など)との間には、”生活特性””身体特性”など様々な要素に関して、【違い】があることを、どれだけ意識・認識することが出来ているのか・・たまに疑問に感じるような場面を目にすることもあるものです。

”犬”と”人”との特性の違いのひとつに、【食】があります。”人”は「雑食」ですが、”犬”は「肉食」。知識としては、知っているのかもしれませんが、この違いを普段の生活に活かしていない人も、多々見かけることがあります。

「雑食」か「肉食」かという違いは、単に”好み”の違いなのではありません。「消化器官の違い」「必要な栄養補給方法の違い」「消化酵素の違い」など、生命に関わるような要素において、大きな違いがあるのです。

ひとつポイントを挙げると。

”人”は雑食ですから、「穀物」を分解して栄養とする仕組み(酵素など)を有していますが、”犬”は肉食ですので、「穀物」を分解する仕組みをほとんど有していません。ましてや、穀物から栄養補給することなどは出来ないのです。

お米・大麦・小麦・トウモロコシなど

このような穀物を多々含んだ”食”を犬に与えている人・・わりと多いのではありませんか?。昔などは、人の食事の残飯として、「ご飯」を与えている人も多々いたように思うのですが・・。これら”穀物”を犬に与えることは、【害】となることはあっても、栄養になることなどはないのです。

近年、犬たちが”穀物”を食することで、「害」を受ける要素も多岐に渡るようになってきています。”アレルギー(穀物アレルギー)”などを発症する犬たちも増えているようで、これらは、やはり・・人が犬たちの”特性(違い)”を認識・理解していないことによって、起きている弊害のひとつなのではないか・・そんな風に感じるんですよね。

犬たち との関係性か高いイギリスなどでは、犬の特性を理解・認識・・様々な要素において、犬たちの特性に応じた対応が心がけているようです。左記の”食”に関しても、ドッグフードには、一切穀物を使用しない(このことをグレインフリーと呼んでいます)ことが重視されており、下記のようなグレインフリー(穀物不使用)&人工添加物不使用ドッグフードが人気となっています。

イギリス最高級のグレインフリー(穀物不使用)ドッグフード 『カナガン』
の詳細はこちら。

ちなみに、上記は管理をしやすい”ドライドッグフード”です。一般的なドライドッグフードは、コスト削減のため、安価な穀物が使われているのが実情ですので、多少高価ながらも、多くの方に人気を有しているドッグフードとなっているようです。

犬たちの唾液には、でんぷん質の炭水化物を分解する酵素が含まれていないのですから・・”穀物”を食べさせるのは、かわいそうな話なんですよね。

相手の”特性”を認識。”多様性”を理解しておくこと・・とても大切な要素なのです。






タグ:
posted by poppo at 10:17 | Comment(0) | 食材・食品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

□sponser site