2014年06月02日

実用性の伝統美のある”藍渋染のトートバッグ”

kakibag03.jpg

日々の生活で使用するものに”実用性”を重視するのは、当然のことではありますが・・単に実用性のみでは、味気ないといいますか・・日々の生活に潤いがなくなります。

基本的に、”身につけるもの””バッグ・小物類”などは、そこに「素材感」「美しさ」「風情」といった要素があるものを選びたいものです。そういうものを活用している中で、感性が豊かになるという側面もありますからね。

日常生活において、利便性が高いアイテムのひとつが”トートバッグ”です。お仕事にも買い物などにも活用できる、汎用性と実用性が高いのが魅力です。

そんなトートバッグながら、日本の伝統的な技術・美しさを携えているのが、こちらの藍渋染のトートバッグです。

伝統的な染め技術である、「藍染」と「柿渋染め」を融合したのが、”藍柿渋染”。藍色の豊かな風情と、柿渋染めの機能性(耐水性など)が上手く活かされています。そんな”藍柿渋染”で染め上げた「帆布」は、伝統的な美と風情・・そして耐久性・耐水性といった機能性を有しているのが特徴。

しかも・・本革トートバッグと比較すると、かなりお手頃価格となっているのも、大きな魅力となっているのではないでしょうか。

藍渋染トートバッグの詳細・購入はこちら

*素材:綿100%
*色彩:藍色
*価格:¥8,200円(税込み)

kakibag02.jpg
posted by poppo at 09:32 | Comment(0) | 麻・綿素材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

□sponser site