dicencia.jpg

”自然素材”を活かした生活環境創り

自然素材 近年、様々な自然現象(地震、大雨など)や気候変化(季節変化)に触れる中で、多くの人が自然環境・地球環境に対する意識を高めてきているように感じます。”自然との共生”を求めるだけでなく、身近な生活用品(化粧品、石鹸など)や雑貨・小物(バッグ、財布など)に関しても、自然素材(植物成分など)が好まれてきている・・そんな傾向があるのではないでしょうか。

当ブログでは、そんな”自然素材(革、植物成分、石など)”を題材として、様々な自然素材の情報(メリット、デメリット要素、考え方、特徴など)及び自然素材で作られた、おすすめの商品(革製品、服、雑貨、小物)などをご紹介していきたいと思います。 ”自然素材”は万能というわけではありませんからね。それぞれの特性をきちんと理解した上で上手に活用していくことが”自然との共生生活”の第一歩なのですから。

上質な”自然素材”商品の特集

秋冬旬の自然素材

□sponser site

2014年07月28日

夏の暑さ対策となるマットレス。熱を発散させる機能。

kanyou01.jpg

季節に応じた生活を心がけていく上で、大切な要素のひとつとなるのが”素材の持っている特性を理解しておくこと”です。「物が溢れる時代」となってからは、「衣服」に関しては、まだ”素材への意識”は残っているものの、その他商品においては”商品の機能説明”を重視するだけで、その商品が有している”素材の特性”などへの意識はほとんど薄れてしまっているのかもしれませんね。

例えば、「寝具」。枕やマットレスに使用されている”素材”が「安眠の有無」「寝心地」に大きく影響を与えるものです。現代では、季節に応じて、枕やマットレスを模様替えすることなどは、ほとんどないのかもしれませんが、本当は、「寝具の模様替え」も”衣服”と同様に必要なものなのかもしれません。

今年の夏も猛暑が各地で訪れてきています。”熱中症”に対する啓蒙も多く目にする機会が増えていますが、夏の寝心地・・夏の暑さに対して、快適な睡眠を得る上で、自分が今活用しているマットレスの素材が何かを理解しておくことはとても大切な要素となるものです。

一番問題となるのが「熱の保持」に関して。

一般的に最も良く活用されているマットレス素材として「ウレタン(低反発ウレタン、高反発ウレタン)素材」があります。このウレタン素材の特徴のひとつが”熱及び湿気を保持してしまう”ということ。夏に不快な要素となる”熱””湿気”をウレタン素材は逃がすことが出来ないのです。

そんなウレタン素材のマットレスを使用していると、背中側の熱や湿気を感じるとともに、”背中側の寝汗”が多くなったり、不快感で睡眠が浅くなってしまうんですよね。そんな症状を感じている人は、もしかしたら今活用しているマットレスが”ウレタン素材仕様”なのかもしれませんよ。寝具の素材によって、安眠が得られていないとか・・・背中側の吹き出物(にきび、湿疹など)が生じてしまっているのかもしれないのです。

そんな、夏の不快感を無くすためには、「放熱・放湿の特性」を有している素材で作られているマットレスを活用することが最適な対応となるわけです。「放熱・放湿の特性」を有している素材となるのが”網目構造繊維”と呼ばれている素材。こちらの高反発マットレス(エアコクーン)に使用されているような、素材です。

「放熱・放湿の特性」以外にもマットレスがつぶれたり、へたったりしないような”強度と耐久性”を有するとともに、体重をマットレス全体へ”拡散”してくれる機能も有しているのが特徴です。季節に応じた(適した)素材を意識して、生活空間を構成することも大切な要素なんですよね。





マットレスなどの寝具には、他にも様々な機能性が存在しています。そんな機能に関しては、こちら腰痛軽減の高反発マットレス特集などもご参考にしてみていただければと思います。
タグ:寝具
posted by poppo at 10:50 | Comment(0) | その他

2014年07月22日

夏のスキンケア!!”敏感肌”専用のBBクリーム。

natsu01.jpg

基本的にはすでに梅雨明けと呼べる気候に。本格的な夏季節の到来ですね。

夏は、”紫外線”も含めた”陽射し”の力が強い季節です。と・・同時に、肌の露出も多くなる季節。「陽射し」「風」「大気物質」に直接肌をさらすことが多くなります。

こんな季節になると”敏感肌”を有している人は、刺激要素が増加するため、肌のトラブルや肌症状が現れやすくなるんですよね。一般的に”敏感肌”と呼ばれているものには、実際いくつかのタイプが存在しています。本当は、肌の問題ではなく「身体疾患」が要因となって、肌症状として現れているといった場合もあり・・これなどは、本来”敏感肌”では無いんですよね。あくまで身体疾患であり、きちんとその要因に対処することが必要となるわけです。

ですから、本当に”敏感肌”なのか・・それとも”身体疾患”による影響なのか・・さらに敏感肌の中でもどんなタイプなのかをしっかり知っておくことが大切なのです。敏感肌タイプなどの情報はこちら敏感肌に役立つスキンケア情報!!「敏感肌・アトピー肌」をご参照いただければと思います。

その上で”敏感肌”であることがわかったら、これからの夏季節に向けて、敏感肌専用のスキンケア商品を活用していくことがとても効果的なものに。できれば、日本人を対象として研究・開発されたスキンケア商品であることが望ましいものと思います。

例えば、こちらのBBクリーム「アヤナスBBクリーム」は、日本人を対象として敏感肌専用に研究・開発されたBBクリーム。敏感肌症状は、個々に特徴が異なる傾向もありますので、一般情報にあまり左右されることなく、まずは”お試し”をしてみて、自分の肌への適性を確かめていくことも大切な要素と思います。



タグ:美容
posted by poppo at 09:19 | Comment(0) | その他

2014年05月23日

夏の伝統模様”晴雨兼用折畳み日傘”

moyou01.jpg

これから初夏を迎えることとなります。

この季節、”紫外線”が最も多くなると共に、近年「暑さ」と突然の「豪雨」も訪れてくる季節ともなってきています。”爽やかな日”と”不安定な日”が入り混じっている・・そんな感じでしょうか。

ゆえに

紫外線を防ぐためにと”日傘”を活用する人も多いかと思いますが、突然の”雨”にも対応することを考慮しておきたいものです。そこで大活躍するのが”晴雨兼用折畳み日傘”ですよね。

普通の”雨傘”の場合・・あまり、傘の風合いや雰囲気にはこだわらない人も多いように思いますが、”日傘”という情景を考えたときには、「傘の素材感」「色彩・柄」といった要素がとても大切な要素となるものです。

こちらは、そんな素材感・色彩・柄を大切に考え、創作された夏の伝統模様を活用した”晴雨兼用折畳み日傘”です。

日本ならではの伝統模様『よろけ×縞』『刺し子×市松』『鹿の子×立涌』の3種類が揃っており、それぞれ特有な風情が感じられるものに。

moyou02.jpg

夏の伝統模様”晴雨兼用折畳み日傘”の詳細・購入はこちら

『よろけ×縞』『刺し子×市松』『鹿の子×立涌』

moyou03.jpg
タグ:
posted by poppo at 10:40 | Comment(0) | その他

□sponser site

”自然素材(天然無添加)”の肌ケアは「お肌との相性」を大切に。

自然素材 ”自然素材(天然無添加)”を活用した美容・健康アイテム(化粧品、石鹸、コスメ、サプリメントなど)を選ぶ上で最も重視したいのが「自分の身体(お肌など)との相性」です。基本的に”健康””美容”に関して何かトラブルが発生するときには、身体の自然エネルギー・成分のバランスが崩れることがきっかけ(要因)となるもの。”バランスを整える”ということが、健康・美容の基本となるのです。

ゆえに、表面に現れてきている症状(肌荒れなど)は同じであっても、人それぞれで”バランスを崩す要因”が異なることも多々あるものなのです。さらに、”要因”が同じであっても、人によって適した「バランスの整え方」が異なることも珍しいことでは無いのです。近年”口コミ情報”が盛んに提供されるようになっており、そんな”口コミ情報”を重視する方も多くなっているようですが、「課題点、問題点などのデメリット情報」以外はあまり気にする必要は無いものと感じています。

それよりも、大切にしたいのが「自分の身体特性(肌特性など)を知る」こと。このことを理解しない上では、何を試みても効果的な結果を得ることはなかなか難しいものとなってしまいます。”肌特性など”を知ること・・に関して、何も難しく考えることはありません。最も効果的なのは、”自然素材のアイテム(コスメ、石鹸など)”であれば、「自然素材の異なる商品」をいくつかお試ししてみることです。ブランドやメーカーなどを変えてみるだけではあまり意味がありません。使用されている”自然素材の種類”をいろいろとお試ししてみることで、自分に適した”素材”が見つかるもの。その積み重ねの中で、自分自身の”特性(肌特性など)”が見えてくるのです。