dicencia.jpg

”自然素材”を活かした生活環境創り

自然素材 近年、様々な自然現象(地震、大雨など)や気候変化(季節変化)に触れる中で、多くの人が自然環境・地球環境に対する意識を高めてきているように感じます。”自然との共生”を求めるだけでなく、身近な生活用品(化粧品、石鹸など)や雑貨・小物(バッグ、財布など)に関しても、自然素材(植物成分など)が好まれてきている・・そんな傾向があるのではないでしょうか。

当ブログでは、そんな”自然素材(革、植物成分、石など)”を題材として、様々な自然素材の情報(メリット、デメリット要素、考え方、特徴など)及び自然素材で作られた、おすすめの商品(革製品、服、雑貨、小物)などをご紹介していきたいと思います。 ”自然素材”は万能というわけではありませんからね。それぞれの特性をきちんと理解した上で上手に活用していくことが”自然との共生生活”の第一歩なのですから。

秋冬旬の自然素材

□sponser site

2014年08月11日

青森県のあけびづる細工「松野屋のあけびシェル手提かご」

kago01.jpg

天然素材アイテム(バッグなど)からは、自然エネルギーの恩恵を享受できるのが特徴です。”革製バッグ”であれば、土エネルギーが宿っており(すべての革素材に宿っているわけではありませんげとね。)その恩恵を受けることができます。

他には、今日ご紹介する「植物から作られているカゴバッグ」も自然エネルギーを宿している天然素材アイテムとなります。”カゴバッグ”に活用される素材にも、「竹」「樹皮」「蔓(つる)」と種類があり、植物種類によっても、それぞれ風情・風合いに特徴の違いがあるものです。

ただ、共通いるのは”風エネルギー”を宿すアイテムとなるということ。心や身体を元気付けてくれたり(活性化)、気持ちが軽くなる・軽やかな気持ちでいられるようになる・・そんな恩恵を受けることができるのも、風エネルギーを宿す「植物素材のカゴバッグ」ならではの魅力といえそうです。

こちらは、青森県の伝統的な”あけびづる細工”によって創作されている「あけびづるのカゴバッグ」です。素材には地元青森の「ミツバあけび」のつるを使用。夏から秋にかけて採取し、1〜2年の間乾燥させたものを活用しています。素材づくり自体にも、丁寧に時間をかけているんですね。

あけびづる細工はとても丈夫で、耐久性に富んでいるのが特徴。年月を重ねるごとに光沢が出てくる”経年変化の美しさ”が大きな魅力となっています。

青森県のあけびづる細工「松野屋のあけびシェル手提かご」の詳細・購入はこちら

*サイズ:約幅34 奥行16 高さ27 cm
*素材:青森あけび蔓
*創作:日本(青森県)


”カゴバッグ”には、東南アジアで製作されているものも多々あります。それらの商品は、安価でとてもお求め安いのが魅力ではありますが、「植物素材の自然エネルギーの力」を享受したいのであれば、その風土で育った植物を活用することも大切な要素のひとつとなります。

日本で使用するのであれば、日本で育まれた”植物素材”を活用することが、良質な風エネルギーの恩恵を受けることに繋がるからなんですね。
posted by poppo at 09:36 | Comment(0) | 植物成分

2014年05月26日

大分県別府市の竹細工職人が手がけた”四つ目編み竹籠バッグ”

kago02.jpg

”季節”に応じた”持ち物”を活用するというのは、良き運気を掴む上でとても大切な要素だったりするものです。「季節感を楽しむ」という気持ちは、自然と共生する感覚に繋がるものであり、自然環境に適した行動こそが、”良き運気”に繋がる要素のひとつだからなんですね。

そういう意味で、今年2014年の初夏・夏の季節に適した素材のひとつが”竹”です。

そこで今回ご紹介するのが、大分県別府市の竹細工職人が手がけた”四つ目編み竹籠バッグ”。日本の伝統美が感じられるアイテムです。

昔は、とっても一般的なアイテムだったのですが、現代においてはどちらかというと希少な籠バッグという位置付けとなってきていますよね。実際”価格”などは、人工革など化学繊維で作られたバッグと比較すると、高価なアイテムとなってきています。ちょっと複雑な思いもあります。

大分県別府市の竹細工職人が手がけた”四つ目編み竹籠バッグ”の詳細・購入はこちら。

*素材:【籠】竹【内袋】綿100%【持ち手】籐
*サイズ:横23cm×高さ14.5cm×奥行き11cm
タグ:バッグ
posted by poppo at 10:28 | Comment(0) | 植物成分

2014年02月11日

阿蘇の天然水化粧水「咲水スキンケアローション」

sakusui_lotion.jpg人に限らず、生物は”水”との関わりを欠かすことができません。身体の70%もの成分が水分で構成されていることからも、水の大切さがわかりますよね。

そういう意味でも、日常的に摂取している「水」の質が身体へ大きな影響を及ぼすものとなっています。短期間では、あまり違いは見えないのかもしれませんが・・長きに渡って飲用していく”水”ことで、身体的な特性を生み出す要素のひとつとなっているのではないでしょうか。

逆に考えると・・。地産地消という言葉もあるように、長きに渡って”摂取”している「水」とは相性の良い身体となっているということも言えそうです。こんな特性は、ぜひ覚えておきたいものですよね。

女性が日常的に活用する商品として「化粧水」があります。化粧水に関しても、やはり”水の質”にはこだわりを持って選択・使用するといいのではないでしょうか。この度、新しく発売されている化粧水をご紹介したいと思います。それが・・。

阿蘇の天然水化粧水「咲水スキンケアローション」
です。”水”の大切さを重視した化粧水作りをしているようで、その成分には、「スイゼンジノリ」と「阿蘇の天然水」が使用されています。

”スイゼンジノリ”とは、九州の一部に生息する淡水性の藻類で・・そこから発見された”多糖類成分”には極めて高い保水力があるとのこと。そんなスイゼンジノリも、福岡・熊本の天然水を利用し・・育てられているものを活用しているようですから・・同じ地域の「水」で育った天然成分で構成された化粧水となっています。

成分詳細や商品詳細・購入に関しては下記公式HPをご参照いただければと思います。今なら、初回限定ながら「¥500円」で購入できるもよう。お試しするのにいいですよね。


阿蘇の天然水化粧水「咲水スキンケアローション」の詳細・購入はこちらから。
タグ:化粧水 藻類
posted by poppo at 10:01 | Comment(0) | 植物成分

□sponser site

”自然素材(天然無添加)”の肌ケアは「お肌との相性」を大切に。

自然素材 ”自然素材(天然無添加)”を活用した美容・健康アイテム(化粧品、石鹸、コスメ、サプリメントなど)を選ぶ上で最も重視したいのが「自分の身体(お肌など)との相性」です。基本的に”健康””美容”に関して何かトラブルが発生するときには、身体の自然エネルギー・成分のバランスが崩れることがきっかけ(要因)となるもの。”バランスを整える”ということが、健康・美容の基本となるのです。

ゆえに、表面に現れてきている症状(肌荒れなど)は同じであっても、人それぞれで”バランスを崩す要因”が異なることも多々あるものなのです。さらに、”要因”が同じであっても、人によって適した「バランスの整え方」が異なることも珍しいことでは無いのです。近年”口コミ情報”が盛んに提供されるようになっており、そんな”口コミ情報”を重視する方も多くなっているようですが、「課題点、問題点などのデメリット情報」以外はあまり気にする必要は無いものと感じています。

それよりも、大切にしたいのが「自分の身体特性(肌特性など)を知る」こと。このことを理解しない上では、何を試みても効果的な結果を得ることはなかなか難しいものとなってしまいます。”肌特性など”を知ること・・に関して、何も難しく考えることはありません。最も効果的なのは、”自然素材のアイテム(コスメ、石鹸など)”であれば、「自然素材の異なる商品」をいくつかお試ししてみることです。ブランドやメーカーなどを変えてみるだけではあまり意味がありません。使用されている”自然素材の種類”をいろいろとお試ししてみることで、自分に適した”素材”が見つかるもの。その積み重ねの中で、自分自身の”特性(肌特性など)”が見えてくるのです。