dicencia.jpg

”自然素材”を活かした生活環境創り

自然素材 近年、様々な自然現象(地震、大雨など)や気候変化(季節変化)に触れる中で、多くの人が自然環境・地球環境に対する意識を高めてきているように感じます。”自然との共生”を求めるだけでなく、身近な生活用品(化粧品、石鹸など)や雑貨・小物(バッグ、財布など)に関しても、自然素材(植物成分など)が好まれてきている・・そんな傾向があるのではないでしょうか。

当ブログでは、そんな”自然素材(革、植物成分、石など)”を題材として、様々な自然素材の情報(メリット、デメリット要素、考え方、特徴など)及び自然素材で作られた、おすすめの商品(革製品、服、雑貨、小物)などをご紹介していきたいと思います。 ”自然素材”は万能というわけではありませんからね。それぞれの特性をきちんと理解した上で上手に活用していくことが”自然との共生生活”の第一歩なのですから。

上質な”自然素材”商品の特集

秋冬旬の自然素材

□sponser site

2014年09月02日

優しさ伝わる木製ブローチ「ウッドエポブローチ〜たんぽぽ」

wood01.jpg

普段のファッションにも、ちょっとしたアクセントを付ける上で”ブローチ””ネックレス”などの自然素材アクセサリーを活用するのもいいものです。天然素材は、「触れる」ことで優しさなどを感じさせてくれるアイテムとなりますからね。

アクセサリーというと、貴金属・輝石などが中心となっていますが・・”優しさ””柔らかさ”ほもたらしてくれるという意味では、「木素材」「紙素材」といった自然素材を活用したアクセサリーがおすすめです。日本の生活文化においては、金属や石よりも、木材・紙素材が中心となって、文化が育まれてきています。日本の風土に適した素材となるのが「木」「紙」なんですね。

特に今年は風エネルギーの年。

素材でいえば、”木””紙”といった植物系素材のエネルギーが充実する期間でもあります。今年は大いに「木製のアクセサリー」を活用してみてはいかがでしょうか。

こちらは、可愛らしさと優しさを与えてくれる木製ブローチ「ウッドエポブローチ〜たんぽぽ」です。(上記写真のアイテム)

こんなアクセサリーを身に付けておくだけで、気持ちが優しくなれるのではないでしょうかね。

タグ:雑貨 木製
posted by poppo at 11:42 | Comment(0) | 木製

2014年03月31日

床暖房のある家に適した、通気性の高い”天然木フレームソファ”。

sofa01.jpg

日本の住宅環境の特徴といいますか、欧米の住宅環境との違いのひとつとも言えるのが、「天井高さ」感覚です。欧米では、わりと「高い天井高さ」とする住宅が多く、マンション(アパートメント)などでもそんな傾向があります。

対して、日本の場合は、もともと「和室」「畳空間」を主体として住宅環境が構築されてきたことから、あまり”高い天井高さ”とはせずに、欧米と比較すると「低めの天井高さ感覚」で住宅環境が構成されてきました。

近年では、”和室空間・畳空間”こそ減少していますが、「少しでも居室床面積を増やす(二階建て・三階建て)」といった、また別の”経済的理由”もあって、基本的に天井高さは低めの生活環境が基準となっています。

そういう住宅環境において、少しでも部屋空間を広く感じる(広く活用する)ためには、「高さの低い家具類(ロータイプデザイン)」を活用するのがポイントとなります。昭和の時代においては、リビング家具も「椅子+テーブル」で構成していた家庭が多かったのですが・・。

今は、「ソファ+ロータイプテーブル」の組み合わせが主となってきました。リビングに設置する家具類は、高さの低いデザインとすることで、お部屋が広く感じられるようになるからです。

そんな”ソファ”選びをする上で、ひとつ建築士としての経験からアドバイスポイントを挙げておきたいと思います。

それが、「床暖房」を設置している家・居室では、「脚付きデザインのソファ」が最適なものとなるということ。床に”面”で設置してしまうようなソファを使用すると、床暖房効率が低くなってしまうのです。”暖かな空気”を作り出す場所を少しでも多く創出しておくことが大切なんですね。

具体的には、例えばこちらの天然木ソファ「SIEVA(シーヴ)ラル」などがおすすめとなります。

天然木による”優しさ”が感じられる北欧風ウッドフレームデザインの二人掛けソファです。日本の職人によって、丁寧に創作されている商品。機能的にも”クッション部分”が取り外せることから、簡単にファブリックの洗濯・掃除が可能なのが大きな魅力となります。

sofa03.jpg

上記写真のように、背面から見た姿(デザイン)が美しいのも”天然木フレーム”ならではの魅力ではないでしょうか。

ソファは、”ダニ”が発生しやすい場所のひとつ。簡単に着脱できる”クッション”となっていることは、選択が出来るほかにも、損傷したときに、”取替え”が可能であることも末永く愛用していく上で大きな要素となるものです。

天然木ソファ「SIEVA(シーヴ)ラル」の詳細・購入はこちら。

*素材:天然木(ホワイトアッシュ・ウレタン塗装)、ファブリック
*サイズ:幅136.5 奥行き74.5 高さ73 座面高さ38/cm
*色彩:クッションカバー色全8色(グレー、スカイ、ミモザ、ブラウン、リーフ、イエロー、ライトブラウン、ネイビー)
*創作:日本
*価格:¥68,000円

sofa02.jpg
タグ:木素材
posted by poppo at 10:13 | Comment(0) | 木製

2014年02月27日

木製の掛け・置き時計。SIEVE(シーヴ)drawing a time / ペイント paint

tokei01.jpg

”癒し”を感じたい・・・そんなインテリア空間を望むのであれば、基本的に”天然素材”のインテリアアイテムを多く用いておきたいものです。天然素材が多く存在しているほど、その空間に”癒し”をもたらしてくれる自然エネルギー環境が出来上がりやすいですからね。

近年、携帯電話を肌身離さず持っている人も多いようで、”時間”を確認するのも時計ではなく、携帯電話から・・という人も増えているようです。家電などにも、”デジタル”で時間を表示しているものが多くありますので、”時計”自体を持っていないという人もいるのかもしれませんね。

でも

”時の流れ”を感じさせてくれる「時計」は、お部屋とって、あったほうが望ましい要素なんです。その場合「デジタル」で数字が表記されるのではなくて、長針、短針、秒針で時を刻む「アナログ」な時計が理想的です。

天然素材を纏ったアナログ時計には、その空間の”時の流れ”を感知してくれる力が。

日常生活が”せかせか”と時間に追われているような生活を続けている空間では、「時を示す針が早く進む」傾向が。逆に”のんびりとした生活”を続けている生活空間であれば、「時計の針が遅れる」形で、その室内の”時間の速さ”を示してくれることもあるのです。


SIEVE(シーヴ)drawing a time / ペイント paint 掛け・置き時計 の詳細・購入はこちら

*サイズ:直径20.3 厚さ4.8 /cm
*素材:形成合板、オーク突板、ガラス
*価格:¥3,800円(税込み)
タグ:木製
posted by poppo at 10:07 | Comment(0) | 木製

□sponser site

”自然素材(天然無添加)”の肌ケアは「お肌との相性」を大切に。

自然素材 ”自然素材(天然無添加)”を活用した美容・健康アイテム(化粧品、石鹸、コスメ、サプリメントなど)を選ぶ上で最も重視したいのが「自分の身体(お肌など)との相性」です。基本的に”健康””美容”に関して何かトラブルが発生するときには、身体の自然エネルギー・成分のバランスが崩れることがきっかけ(要因)となるもの。”バランスを整える”ということが、健康・美容の基本となるのです。

ゆえに、表面に現れてきている症状(肌荒れなど)は同じであっても、人それぞれで”バランスを崩す要因”が異なることも多々あるものなのです。さらに、”要因”が同じであっても、人によって適した「バランスの整え方」が異なることも珍しいことでは無いのです。近年”口コミ情報”が盛んに提供されるようになっており、そんな”口コミ情報”を重視する方も多くなっているようですが、「課題点、問題点などのデメリット情報」以外はあまり気にする必要は無いものと感じています。

それよりも、大切にしたいのが「自分の身体特性(肌特性など)を知る」こと。このことを理解しない上では、何を試みても効果的な結果を得ることはなかなか難しいものとなってしまいます。”肌特性など”を知ること・・に関して、何も難しく考えることはありません。最も効果的なのは、”自然素材のアイテム(コスメ、石鹸など)”であれば、「自然素材の異なる商品」をいくつかお試ししてみることです。ブランドやメーカーなどを変えてみるだけではあまり意味がありません。使用されている”自然素材の種類”をいろいろとお試ししてみることで、自分に適した”素材”が見つかるもの。その積み重ねの中で、自分自身の”特性(肌特性など)”が見えてくるのです。