dicencia.jpg

”自然素材”を活かした生活環境創り

自然素材 近年、様々な自然現象(地震、大雨など)や気候変化(季節変化)に触れる中で、多くの人が自然環境・地球環境に対する意識を高めてきているように感じます。”自然との共生”を求めるだけでなく、身近な生活用品(化粧品、石鹸など)や雑貨・小物(バッグ、財布など)に関しても、自然素材(植物成分など)が好まれてきている・・そんな傾向があるのではないでしょうか。

当ブログでは、そんな”自然素材(革、植物成分、石など)”を題材として、様々な自然素材の情報(メリット、デメリット要素、考え方、特徴など)及び自然素材で作られた、おすすめの商品(革製品、服、雑貨、小物)などをご紹介していきたいと思います。 ”自然素材”は万能というわけではありませんからね。それぞれの特性をきちんと理解した上で上手に活用していくことが”自然との共生生活”の第一歩なのですから。

秋冬旬の自然素材

□sponser site

2018年09月13日

幹細胞美容液の成分種類を知っていますか!?「動物由来」もあるんです。

「再生医療技術」を駆使した、美容商品が近年、話題を集めていますよね。

中でも、「幹細胞培養液」を成分に含んだ、美容液・コスメアイテムが注目されています。

そもそも「幹細胞培養液って何?」という方は、こちらのラメラエッセンス「ヒト幹細胞培養液を活用した美容液」の記事などをご参照いただければと思います。

■幹細胞培養液の種類とは!?

簡単に言うと、「幹細胞」というのは。身体の様々な細胞へと変化していくことが出来るオールマイティーな細胞の事。幹細胞からいろいろな各種細胞が作られていくというわけです。

「幹細胞」そのものを人体に直接活用するのには、いろいろな法的制約・倫理的問題などが存在しているため、幹細胞を培養した時に使用した「培養液」を利用しているのが「幹細胞美容液」なのです。

実は、「幹細胞培養液」に種類があるのをご存じでしょうか?

●ヒト由来のもの(ヒト幹細胞培養液)
●植物由来のもの(植物幹細胞培養液)
●動物由来のもの(動物幹細胞培養液)

の3種類があるのです。


■日本で使用可能なのが「ヒト由来」「植物由来」のみ。

3種類の幹細胞培養液の中で「動物幹細胞培養液」に関しては、まだ、様々な課題があるものと言われています。

ゆえに、海外では、「動物幹細胞培養液」を利用した美容アイテムが販売されているようなんですが、日本では、NGとなっているんですね。

日本で許可されているのは、「ヒト幹細胞培養液」と「植物幹細胞培養液」を活用したものだけなのです。

ですから、海外に行ったときに美容液などを購入する上では、要注意と言えます。

「細胞エキス」を使用していることを考えると、やはり安心できるのが「ヒト由来」と言えそうです。



posted by poppo at 08:38 | Comment(0) | スキンケア

2014年08月25日

季節変化に応じた「敏感肌傾向」!!

lemon01.jpg

夏の火エネルギー環境は、9月も続きます。

ただ、8月と9月では同じ火エネルギー環境であっても、変化する要素があるんですね。それが「陰陽」の変化です。8月は、火陽エネルギー環境だったものが、9月になると火陰エネルギー環境へと変化します。そんな自然環境変化が、本日あたりから始まることとなりそうです。

「季節変化」
にもいろいろな要素があるんですね。気温(暑さ、寒さ)の変化などが最もわかりやすい単純な要素ではありますが、実際には自然エネルギーの組み合わせによって、複雑な要素が存在することになります。

そんなひとつの要素が「陰陽の変化」なのです。


■「陰陽の変化」がもたらすもの。

「陰陽の変化」とはどんな特徴があるのか・・・どんな影響が生じるのか・・を一言で言うと「反転」が起きるということなのです。いままで「放出・発散」されていた要素が、今度は「蓄積」に転じたり、「表面的な要素」が主体となっていたものが、今度は「内面的な要素」に比重がおかれることになるといった感じです。

この変化は、案外様々な要素に大きな影響を及ぼすものだったりするんですよね。

例えば、「体調・体質」に関すること。

陰陽が変化する時期には、いままで隠れていた(見つからなかった、自覚できなかった)要素が、表面化することがあります。自覚は無かったのに蓄積されていた疲労が一気に噴出してくるとか・・隠されていた病が、表面化してくるといった出来事が置きやすいのが「陰陽が変化するとき」なのです。

また、”美容”においても、影響は大きく。8月から9月への陰陽変化の時期には、夏の強い日差し(紫外線など)の影響が急に噴出す・・目立つようになるタイミングとなるんですね。

また、感覚(主に肌)も、強い日差しに対して「防御」が主体となっていたものが、反転することで、今度は「鋭敏な感覚」へと転じることがあるのです。そう敏感肌となりやすい時期のひとつなのです。

ですから、今週から9月半ばころまでの季節は、特に陰陽変化への心配りが大切な時期に。「敏感肌」とならないためには、肌への刺激を極力少なくすることを心がけておきたい時期となるのです。”寒暖刺激”を少なくすることも必要なとき。少々価格は高くとも、毎日活用する化粧水などは、極力完全無添加の化粧水(リピート率98%。完全無添加の「サラヴィオ美容液」など)を活用するのを心がけておきたい季節となります。

敏感肌のスキンケア「敏感肌・アトピー肌」の特集はこちら。

隠れていたものが表面化するということから、健康診断などを受けるのにも良いタイミングといえるのかもしれませんね。

posted by poppo at 10:40 | Comment(0) | スキンケア

2014年07月30日

”敏感肌”のムダ毛のお手入れ。心がけておきたい要素。

hada01.jpg

”敏感肌症状”と呼ばれているものは、要因の異なる状態が含まれており、実は多様性のある要素なんですよね。ですから、同じ敏感肌といっても人によって特性も大きく異なるものだったりします。ですから、基本的には、自分の敏感肌傾向が、”どんな仕組み”で生じているものなのかを認識しておくことは一番大切な要素となるのかもしれません。

■夏季節の”ムダ毛のお手入れ”と敏感肌。


通常の肌感覚の人であれば、まったく問題とならない刺激(外部刺激)であっても、その刺激を感知してしまい、影響を受けることもあるというのが敏感肌の共通的な要素です。ゆえに、普通はほとんど気にする必要が無い要素に対しても、少々配慮しておく必要があるのが、敏感肌の人のスキンケアということになるんですね。

これからの夏季節は、”ムダ毛のお手入れ”をする機会が増える季節。そんなお手入れに関しても、敏感肌の人だからこそ、注視しておきたい要素・心がけておきたい要素というものがあるものです。そんな一部の要素となるのが下記。ご参考にしていただければと思います。

敏感肌・アトピー肌の”ムダ毛のお手入れ”!!心がけておきたい要素。
敏感肌・アトピー肌の場合、「湿疹」「炎症」の有無には細心の注意を!!
敏感肌の”ムダ毛のお手入れ”を自分でやるなら「光脱毛(フラッシュ式)」「サーミコン式」を。
皮膚の角質層の回復をサポートする「EPA」「ビタミンH」を含むサプリを併用。
posted by poppo at 09:29 | Comment(0) | スキンケア

□sponser site

”自然素材(天然無添加)”の肌ケアは「お肌との相性」を大切に。

自然素材 ”自然素材(天然無添加)”を活用した美容・健康アイテム(化粧品、石鹸、コスメ、サプリメントなど)を選ぶ上で最も重視したいのが「自分の身体(お肌など)との相性」です。基本的に”健康””美容”に関して何かトラブルが発生するときには、身体の自然エネルギー・成分のバランスが崩れることがきっかけ(要因)となるもの。”バランスを整える”ということが、健康・美容の基本となるのです。

ゆえに、表面に現れてきている症状(肌荒れなど)は同じであっても、人それぞれで”バランスを崩す要因”が異なることも多々あるものなのです。さらに、”要因”が同じであっても、人によって適した「バランスの整え方」が異なることも珍しいことでは無いのです。近年”口コミ情報”が盛んに提供されるようになっており、そんな”口コミ情報”を重視する方も多くなっているようですが、「課題点、問題点などのデメリット情報」以外はあまり気にする必要は無いものと感じています。

それよりも、大切にしたいのが「自分の身体特性(肌特性など)を知る」こと。このことを理解しない上では、何を試みても効果的な結果を得ることはなかなか難しいものとなってしまいます。”肌特性など”を知ること・・に関して、何も難しく考えることはありません。最も効果的なのは、”自然素材のアイテム(コスメ、石鹸など)”であれば、「自然素材の異なる商品」をいくつかお試ししてみることです。ブランドやメーカーなどを変えてみるだけではあまり意味がありません。使用されている”自然素材の種類”をいろいろとお試ししてみることで、自分に適した”素材”が見つかるもの。その積み重ねの中で、自分自身の”特性(肌特性など)”が見えてくるのです。