dicencia.jpg

”自然素材”を活かした生活環境創り

自然素材 近年、様々な自然現象(地震、大雨など)や気候変化(季節変化)に触れる中で、多くの人が自然環境・地球環境に対する意識を高めてきているように感じます。”自然との共生”を求めるだけでなく、身近な生活用品(化粧品、石鹸など)や雑貨・小物(バッグ、財布など)に関しても、自然素材(植物成分など)が好まれてきている・・そんな傾向があるのではないでしょうか。

当ブログでは、そんな”自然素材(革、植物成分、石など)”を題材として、様々な自然素材の情報(メリット、デメリット要素、考え方、特徴など)及び自然素材で作られた、おすすめの商品(革製品、服、雑貨、小物)などをご紹介していきたいと思います。 ”自然素材”は万能というわけではありませんからね。それぞれの特性をきちんと理解した上で上手に活用していくことが”自然との共生生活”の第一歩なのですから。

秋冬旬の自然素材

□sponser site

2012年10月08日

自然素材との「相性」意識

昔は、”自然素材”を使用する上で、素材をそのまま活用する・・そんな形の商品のほうが多かったのですが、現代では”自然素材”の存在がわからない・・わかりにくい形で商品化されているもののほうが多くなっているのではないでしょうか。

自然素材(植物など)から抽出した成分をさらに加工することによって商品としていたり・・とにかく見ただけでは、「何が使用されているのか・・」は簡単には感じることができないものとなっています。「成分表示」もしっかり書かれているものが多くはなっていますが・・原材料(自然素材)の表記というよりも、そこから採取された成分(成分名)で表記されていることが多いので、なかなか判断できないものですからね。

でも、てきればもっと簡単に原料となっている”自然素材”がわかるようになっているといいものです。当たり前のことですが”自然素材”に関わらず、各種成分は人それぞれとの「相性」が大切なもの。誰かにとってとても効果的なものであっても、別の人にとっては”相性が悪い”ことで良くない影響として現れてしまうものも多々あるものです。

科学的な知識はさほど無くとも、なんとなく生活をしている中で・・「グレープフルーツ」とはなんだか相性が悪いように感じる・・などといった出来事を体感したことがある人も少なくないのではないでしょうか。化学成分を詳しく分析したり、成分との相性などをチェックするまでもなく、案外そのような「感性」によって感じる要素は、自分との”相性”を判断する最善の出来事だったりするものです。

そのためには、まずは「感性」を大いに活かすことができる状態(心身)を保つ、持っていることが大切なんですね。
タグ:自然素材
posted by poppo at 10:46 | Comment(0) | 自然素材のお話

2012年08月24日

”生命力”を宿せる自然素材と”気”を宿せる自然素材

so01.jpg今回は、”自然素材”に関するお話をしてみたいと思います。
自然素材には、自然エネルギーの観点から考えると「2つに分類」することができるんですね。ひとつが「生命力」を宿すことができる自然素材。もうひとつが「気・自然エネルギー(火・水・金・風・土)」を宿すことができる自然素材となります。

なんか・・同じような意味に聞こえるかもしれませんね。(笑)でも、大きな違いがありますので、わかりやすく説明してみたいと思います。基本的に最初に理解していただきたいのが、この世(現世界)に存在しているのは、「5種類の自然エネルギー(火・水・金・土・風)」と「3種類の異次元エネルギー(生命力・真空力・重力)」と考えています。今回、これらの詳細は省きますが、”生命体”というのは、「生命力(生命エネルギー)+5種類の自然エネルギー(火・水・金・土・風)」で構成されているんですね。

別の言い方をすれば、「魂(生命エネルギー)」と「身体(5種類の自然エネルギー)」で作られているのが”生命体”というわけです。

この前提を認識しておいていただいた上で、”自然素材”と呼べるものには、特性の異なる2種類の分類が存在していて、ひとつがもともと「生命力を有していた素材(植物成分・動物の革など)」であり、もうひとつが「生命体ではない素材(鉱物・土など)」です。

この違いが冒頭に記した、”生命力””気・自然エネルギー”の違いに該当することになります。

結論をお話すると、もともと”生命体”であった自然素材(革・植物など)は、「生命エネルギー」を宿すことができるのです。対して、生命体ではない自然素材(鉱物・土など)は、「気、自然エネルギー」を宿しやすい素材となるのです。

ここで”気”と表現しているものは、自然エネルギーのことであると理解していただいてもいいかと思います。”気(正のエネルギー)”や”念(負のエネルギー)”は自然エネルギーなんですね。

このことを具体的な例でお話すると・・。例えば「彫刻」。自然素材の”木”を使用して気持ちを込めて創作された木像の中には、一種の「生命力」を宿した木像が誕生することがあるのです。もちろん、生命体になるわけではありませんが、”生命力”を発する彫刻となる可能性があるんですね。これは”石”を素材として”石像”の場合には、生命力を有することは無いのです。

でも、替わりに・・。”石像”は自然エネルギー(気・念)を宿す場合があるんですね。自然エネルギーを発する彫刻となる可能性があるのです。

古の時代、”陰陽道”が盛んであったころ、陰陽師が使役していたとされる「式神」という存在があるのですが、その”式神”は和紙(植物成分)に生命力を宿すことで誕生する存在と言われています。こんなところにも、自然素材の特徴が感じられるのではないでしょうか。

タグ:自然素材
posted by poppo at 16:10 | Comment(0) | 自然素材のお話

□sponser site

”自然素材(天然無添加)”の肌ケアは「お肌との相性」を大切に。

自然素材 ”自然素材(天然無添加)”を活用した美容・健康アイテム(化粧品、石鹸、コスメ、サプリメントなど)を選ぶ上で最も重視したいのが「自分の身体(お肌など)との相性」です。基本的に”健康””美容”に関して何かトラブルが発生するときには、身体の自然エネルギー・成分のバランスが崩れることがきっかけ(要因)となるもの。”バランスを整える”ということが、健康・美容の基本となるのです。

ゆえに、表面に現れてきている症状(肌荒れなど)は同じであっても、人それぞれで”バランスを崩す要因”が異なることも多々あるものなのです。さらに、”要因”が同じであっても、人によって適した「バランスの整え方」が異なることも珍しいことでは無いのです。近年”口コミ情報”が盛んに提供されるようになっており、そんな”口コミ情報”を重視する方も多くなっているようですが、「課題点、問題点などのデメリット情報」以外はあまり気にする必要は無いものと感じています。

それよりも、大切にしたいのが「自分の身体特性(肌特性など)を知る」こと。このことを理解しない上では、何を試みても効果的な結果を得ることはなかなか難しいものとなってしまいます。”肌特性など”を知ること・・に関して、何も難しく考えることはありません。最も効果的なのは、”自然素材のアイテム(コスメ、石鹸など)”であれば、「自然素材の異なる商品」をいくつかお試ししてみることです。ブランドやメーカーなどを変えてみるだけではあまり意味がありません。使用されている”自然素材の種類”をいろいろとお試ししてみることで、自分に適した”素材”が見つかるもの。その積み重ねの中で、自分自身の”特性(肌特性など)”が見えてくるのです。