dicencia.jpg

”自然素材”を活かした生活環境創り

自然素材 近年、様々な自然現象(地震、大雨など)や気候変化(季節変化)に触れる中で、多くの人が自然環境・地球環境に対する意識を高めてきているように感じます。”自然との共生”を求めるだけでなく、身近な生活用品(化粧品、石鹸など)や雑貨・小物(バッグ、財布など)に関しても、自然素材(植物成分など)が好まれてきている・・そんな傾向があるのではないでしょうか。

当ブログでは、そんな”自然素材(革、植物成分、石など)”を題材として、様々な自然素材の情報(メリット、デメリット要素、考え方、特徴など)及び自然素材で作られた、おすすめの商品(革製品、服、雑貨、小物)などをご紹介していきたいと思います。 ”自然素材”は万能というわけではありませんからね。それぞれの特性をきちんと理解した上で上手に活用していくことが”自然との共生生活”の第一歩なのですから。

秋冬旬の自然素材

□sponser site

2018年10月27日

注目の「糖鎖栄養素」ってご存知ですか!?健康最前線情報です。

健康・エイジングの最前線情報として、注目の「糖鎖栄養素」をご存じでしょうか!?

私もまだまだ、詳細を完璧に理解しているわけではございません(笑)

「糖鎖とは」「糖鎖栄養素とは」に関して、詳細は私も参考とさせていただいた、こちらの糖鎖栄養素サプリメントとは!?をご参照いただければと思います。

その上で、簡単に要点をお話出来ればと思います。

「糖鎖」とは何か!?



「糖鎖」というのは、細胞同士を結んでいる「情報伝達用の連結器」と表現できるものなんですね。

「シナプス」とも呼ばれているもので、心身を構成する大切な大切な要素のひとつなんです。

60兆個と言われるヒトのすべての細胞間を繋いでいるんですからね。細胞同士の情報を キャッチするアンテナの役割を担っているわけで、なんと脳神経やDNAよりも多くの情報量が「糖鎖」に存在していると言われているんです。

「糖鎖栄養素」とは何か!?



で・・そんな「糖鎖」を構成している成分が「糖鎖栄養素」とのこと。

「糖鎖」を形作る「糖鎖栄養素」には、なんと8種類もの成分(栄養素)がある・・・といいますか、「糖鎖」を形作るためには下記8種類の糖鎖栄養素が必要不可欠なのだそうです。


□食事から十分摂取可能
・グルコース:脳のエネルギー源
・ガラクトース:免疫系への働き

□食事から少量摂取可能
・マンノース:雑菌・ウィルスへの対応
・フコース:免疫系への働き

□食事から摂取困難
・キシロース:雑菌作用・病原体・アレルゲンの結合阻害
・N-アセチルグルコサミン:ヒアルロン酸の基
・N-アセチルガラクトサンミン:細胞間コミュニケーション
・N-アセチルノイラミン酸:免疫系

それぞれの糖鎖栄養素が関連している役割も記しておきましたが・・。

ここで一番のポイントとなるのが普段の食事から摂取できる糖鎖は「2種類しかない」ということ。

残りは、体内で生成しているようなんですが・・糖鎖栄養素不足となっている方が多いようなんです。


「糖鎖栄養素」不足が「糖鎖」の千切れに!



問題は「糖鎖栄養素」が不足していると、「糖鎖」が千切れた状態のまま修復がなされなかったり、新たな糖鎖を生成することが困難となってしまうということなんですね。

この仕組みに着目。

近年、新たに注目されるようになってきたのが、「糖鎖が千切れた状態(糖鎖栄養素不足)であることが、未病・様々な疾病の根幹的な要因となっているのではないか!?」という考え方なのです。

逆に言うと

正しい状態の「糖鎖」を沢山作ることによって、未病・疾病など様々な心身の不具合の予防&改善が期待取れるのではないか・・・そんな可能性を秘めているということ。

そのための手段として、注目されているのが不足している「8種類の糖鎖栄養素(主に食事から摂取出来ない6種類の糖鎖栄養素)」をサプリメントとして補給・摂取するということなのです。

そのためにと開発されてきているのが

糖鎖栄養素サプリメント

なのです。

ちょっとわくわくしませんか? 私も注目しています。

posted by poppo at 17:35 | Comment(0) | サプリメント

2014年08月05日

黒酢の健康サプリ「三黒の美酢(さんごくのみず)」

sapli01.jpg

季節傾向を考えると、”冬の季節”は、何かの栄養素や成分が過剰なことで、バランスが崩れる傾向にありますが、”夏の季節”は逆で、栄養素・成分が「不足」することで、身体バランスが崩れる傾向となっています。

*水分不足
*ミネラル不足

による、”熱中症”などが典型的な事例といえそうです。

ゆえに、基本的に夏期間は、様々な栄養素・成分を意識的に摂取(多めでもOKかと)することが重要なポイントとなるものと思っています。ゆえに、「何かひとつの要素・成分」を偏って多く摂取するというのは、好ましくないものに。

■サプリメントも、多様な成分が含まれているものを!!

近年、健康補助食品として、人気を高めているのが”サプリメント”です。何か具体的な目標(ダイエットなど)があるときに、それに応じたサプリメントを摂取継続するというのが、一般的な使われ方でしょうかね。

ただ、個人的に疑問を感じているのが、サプリメントは”薬では無い”ということ。何かの目的(ダイエット)があったとしても、ひとつの成分にこだわった(偏った)サプリを摂取し続けることで、目的(ダイエットなど)を達成しようと考えるのは、少々不自然な行ないなのではないかと思うのです。

あくまでも”補助的な要素”である意識が大切なんだと思うんですよね。”ダイエット”を目標としているのであれば、主として「運動」を継続する中で、補助として「サプリ」を併用するという意識が大切なのではないでしょうか。

また
最初に記したように、「ひとつの成分を継続的に摂取し続ける」というのは、自然の摂理に沿った要素とはなりません。特に今の季節は、”多様な成分・栄養素”を摂取することが求められる時期。偏った成分摂取は、これらの多様性を阻害する要素ともなってしまいます。

そこで、サプリメントを活用するのであれば、特にこれからの夏季節・・重視しておきたいのが「多様な成分・栄養素を含んだサプリメント」を活用するということ。ひとつの成分、ばかりが突出して含まれているものではなく、多様な成分・栄養素がバランスよく配合されているサプリが夏季節に適したアイテムとなるものと思っています。

例えば、こちらの黒酢・黒にんにく・ DHA&EPAのサプリ「三黒の美酢(さんごくのみず)」などは、”黒酢の栄養素”と”黒にんにくの栄養素”そして”DHA&EPAの成分”を含んだ多様性のあるサプリメントとなっています。(文頭の写真が、三黒の美酢です)

個人的には、「九州産の素材」にこだわって作られているというのも、高い評価を感じるポイント
ですね。同じ地域で育まれた要素は、やはりそれぞれ親和性が高い傾向がありますので。


タグ:黒酢
posted by poppo at 10:28 | Comment(0) | サプリメント

□sponser site

”自然素材(天然無添加)”の肌ケアは「お肌との相性」を大切に。

自然素材 ”自然素材(天然無添加)”を活用した美容・健康アイテム(化粧品、石鹸、コスメ、サプリメントなど)を選ぶ上で最も重視したいのが「自分の身体(お肌など)との相性」です。基本的に”健康””美容”に関して何かトラブルが発生するときには、身体の自然エネルギー・成分のバランスが崩れることがきっかけ(要因)となるもの。”バランスを整える”ということが、健康・美容の基本となるのです。

ゆえに、表面に現れてきている症状(肌荒れなど)は同じであっても、人それぞれで”バランスを崩す要因”が異なることも多々あるものなのです。さらに、”要因”が同じであっても、人によって適した「バランスの整え方」が異なることも珍しいことでは無いのです。近年”口コミ情報”が盛んに提供されるようになっており、そんな”口コミ情報”を重視する方も多くなっているようですが、「課題点、問題点などのデメリット情報」以外はあまり気にする必要は無いものと感じています。

それよりも、大切にしたいのが「自分の身体特性(肌特性など)を知る」こと。このことを理解しない上では、何を試みても効果的な結果を得ることはなかなか難しいものとなってしまいます。”肌特性など”を知ること・・に関して、何も難しく考えることはありません。最も効果的なのは、”自然素材のアイテム(コスメ、石鹸など)”であれば、「自然素材の異なる商品」をいくつかお試ししてみることです。ブランドやメーカーなどを変えてみるだけではあまり意味がありません。使用されている”自然素材の種類”をいろいろとお試ししてみることで、自分に適した”素材”が見つかるもの。その積み重ねの中で、自分自身の”特性(肌特性など)”が見えてくるのです。